読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つまるところこれは日記

――――――――あ

新しく始めたことって最初のうちだけは毎日するよね

三日坊主パターンである。

 

昨日始めたしょっぱなから書く事がないと宣っておきながらノープランで記事を書くこの体たらく。

多分明日も記事を書いて2、3日あけてまた記事を書き、次は1週間あけてから記事を書き、そしてある日を境に更新が滞る。三日坊主は自覚したところでどうにもならない主にクズ人間がかかる病気である。悲しき。

 

いっそ日記らしく無理やり毎日書いたほうがいいのかもしれないが、あたまゆるゆるな生活を送ってきた手前、ほぼ確実に目も当てられない内容の連投になるだろう。

 

 

○月×日△曜日  晴れ

 

  の

    し

      い

 

 

多分これの繰り返しになる。何が楽しいんだ社畜の日記か?

心が荒んでいくのが目に見える。鬱になって絶対に自分から命を絶つだろう。

 

 

ここまで書いて思いついたが、夢日記でも認めてみようか。

去年、唐突に明晰夢が見たくなって友人に相談したところ、夢の内容を書き起せとのアドバイスをもらった。

それまで感じていた懸念が

「夢と現実の区別がつかなくなりそう」

だったが、アドバイスを聞いたあとは

「夢の中で夢日記書き始めたら終わりじゃね?」

になった。被害妄想ご苦労さまです。だが怖いもの怖い(明晰夢自体好き勝手やってたら境界線が曖昧になりそうな恐ろしそうな代物である)

 

迷った挙句に自分がとった行動は

ツイート感覚で友人のダイレクトメッセージに送信する。

 

迷惑極まりないことだ。不定期に送られてくる意味不明なショートショートに友人は何を思ったのだろう。感想リプライの裏で何を感じていたのだろう。思うところは尽きないけれど、ブログという媒体を手に入れた以上、こちらに記録していったほうがいいだろう。うんそうしよう。記事のかさ増しにはちょうどいい。

 

とりあえず夢の内容も書いていくということで。

ぶっちゃけ書くことがない

遥か昔、僕はブログを書いていた。

自分の文章が世界に発信されるという漠然としたイメージにワクワクしながら、マサラタウンのような文章を書き連ねていた。

 

しばらく時が経つと、Myマサラタウンの存在がとても恥ずかしくなった。

中二病が治って高二病になっただけなのだが、とりあえず黒歴史を抱える羽目になった当時の僕は、タウンを更地にするため奮戦していた。奮戦といってもただログインパスワードを忘れただけなのだが。

 

つい最近、パスワードを発見すかさずログイン記事削除達成。

かつての黒歴史栄華は露知らず、

晴れてマッサラタウンとなったのである。

 

さて、壁や柱に頭を打ち付ける生活の終わりーーある種のセカオワを達成した僕が次にとる行動とは?

 

 

当然

 

 

ブログをはじめる

 

 

 

そう。

全く成長していない。

 

再び紡がれる(黒)歴史、消される軌跡、また新しく築かれる白歴史・・・

私はここに輪廻をみた...

 

 

?????

 

 

正直なにを言いたいかわからない。

最初の記事くらい濃い内容にしたかったのに結局内容が無いよう助けて衛門~~になってしまったわけだ。

 

まあ

 

とりあえず

 

 

ここにマサラタウンを建てよう