読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変化はないけど生存報告

 

下書きにめちゃめちゃマイナス思考の働いた文章が残されており、この記事はその文章を全て消去した後書かれています。うん、どうでもいいな!

 

 4月も下旬、5月がアップを始めた今日この頃、自分の身にこれといった変化はない。いい加減新生活にも慣れ、ウェーイな日常を楽しんでいる人間も多いだろう。自分もとりあえず週に1回ほどランニング、二日に一回筋トレなど、怠惰な生活改善のため少しずつ運動を再開した。というか体を動かさないと思考回路が後ろ向きになるし、そうなるとまた堕落する。軽い運動でプラス思考まではいかずともゼロまではいくだろう。安いもんである。

 

最近の変化はないと書いたが早速訂正を入れておこう。そういえばあったわ。

夢が短くなった。

まだ明晰夢は見ていない。夢日記もしっかり迷惑を顧みずDMに送りつけている。

短くなった分軽く昼寝したときにも見れるようにはなったが、昼寝時の夢は大半が日記をつける前に忘れてしまう。前進というよりはむしろ後退してる感じがする。

ぽきたw(いい夢見た!)魔剤ンゴ!?ありえん良さみが深いw(もう一度同じ夢見るため)ぽやしみ〜

となったことは一度だけあったが大した夢じゃないし同じ夢は見れなかったので割愛する。一回見れたのなら前進か?

 

取り合えず今週の変化はこんなかんじなので、今現在の情報をまとめた要約の意味を履き違えた文だけ記して終わろうと思う。※基本ソースはtwitter

 

 

日本農業新聞はおんな城主直虎に託された!そんななかサイコパスと化したナオトインティライミを止めるべく、セーラームーンが立ち上がる!次回!ダーウィンが来た小さな巨人!デュエルスタンバイ!

 

 

なにこの不安な文。

毎週日曜の生存報告

当然今決めたことである。

 

新生活が始まってもうみんな新しい環境でブイブイいわせているのだろうか。

自分も新生活が始まって数週間、すっかりレイプ目と成り果て、生きる屍の枠の中で見たら下の方の「割とガチで死」の部分に相当する階級にいるであろう。季節が巡り巡っているのを目の当たりにしながら、目のハイライトが日に日に消えていく驚きを感じているのだ。

言いすぎてる感は否めないが、大体こんなもんである。

なんだかんだどったんばったん大騒ぎな生活を送れるように願いたい。

 

関係ないけど最近短い夢しか見ないんだけどこまる。

記事にできる夢のストックが心もとないから楽しい夢をみたい。楽しい夢を見たい。

とりあえずその短い夢をここで上げてみると

七つの大罪を議題に家族で話し合おうとして誰も声を発することなく終わる夢

・デパ地下の道を封鎖して炊き出しをする夢

プロ野球が4桁レート制になったことを友人から聞きつつアプリの事前登録を済ませる夢

などだ。全然楽しくねえ。

全く思い出せない夢は決まって朝の目覚めが悪いからどうせいい内容ではないだろうし、そもそも熟睡率が高すぎるのか夢をほとんど見ない。

夢の中でくらいいい思いをさせて頂きたい。あと運がほしい。

そんなところで

 

 

流れ留まりまた流れ

自分は別に田舎というわけではないけれど、まあまあ田舎な地域に住んでいる。

昔は近くの林で昆虫採集したり、川でひたすら水切りしたり、田んぼでカエルを乱獲したりと、理想の少年時代じみた遊びをしていた。大自然!とばかりに広大に広がっているわけではないが、充実した環境ではあっただろう。

先ほどなんとなくそのあたりに散歩しにいくと、ひどくこざっぱりしていた。

なんというか、木が減った。昔はもっと多かったのに。

川周辺にもいってみたが、こちらも昔のオンボロ感がなくなり、不自然なレベルで整地されていた。昔は背丈より長い草木が繁茂してたのに。

昔を語れるほど長く生きていないし、以前の風景をそこまではっきり記憶してる訳でもない。でも変わった。それだけは言える。環境が移り変わっていく姿が眼前に広がり、ちょっと前まではなかった新しい道を風が通り抜けていくのを感じた。

時の流れが残酷すぎることは常常感じていると思われたが、どうやら実感していなかったらしい。心の中では生い茂っていた木々が、今日の出来事で明確な思い出に昇華され、無理やり区切りをつけさせられたような気がする。格好つけて言っているがこれは久方ぶりに遊び場に行ってみたら景色が変わっていて、急に時間が動き出したと錯覚して驚いただけであり、普段目にする場所も道も、そして世界も毎日姿を変えている。当たり前だ。いつも利用している駅はいつだったか突然姿を変えたし、よく行ってた店は規模が小さくなったり無くなったり、最近整備された道路のコンクリートは昨日見たときにはもうヒビが入っていたし、見渡せば昨日と違った世界、いや違いすぎる世界が広がり、これは世界五分前仮説を否定できないわなーと思った悟った実感したといったところだ。

ただ、やはりこうも違われてはとても悲しい。現代を生きる人の枠組みの中では絶対に若い部類に入る程度には若いのに、ちょっと見た目が変わっただけで随分感傷的になってしまうとは、自分も年をとったものだ。これから先の人生ではこんなことをいっぱい経験するんでしょ?何その怖い世界一刻もはやく死にたひ。

世界には美しくあって欲しいけれど、いつまでもそのままの姿で輝き続けてくれるものなんてこの世では夜空のお星様くらいではないか?

お星様の話になりそうだしこのへんで止めておこう。

夢物語1 

古ぼけた外観の山小屋の中は意外と暖かく、指がなんとか動かせる程度の温度に収まっている。どこの山だか知らないが、そこそこ高い山であり、この小屋までの道のりはとても険しいらしい。伝聞体なのは、一緒にせかせか動いている無骨なおっさんから聞いたからというのもそうだが、僕が夢の世界の住人でないことを証明するさりげない宣言でもある。宣言せずともこの山小屋はかなり奇怪な雰囲気を漂わせているのだが。

小屋に入ってまず目に入るは配膳代。その上にはシャンパンタワーよろしく皿が積み重ねられ、言葉にし難い威圧感を放っている。ちなみにメニューはチキンソテーとつくね三本。

なぜこんなことをしているのか?

この世界は不思議、というより狂気的な風習があり、なんでも学校の給食の主菜だけ山小屋に送られ、生徒はそれを取りに山を登ってここまでやってくるという。それだけにとどまらず、生徒は山に登る際必ず乗馬しなくてはならないというクソ仕様付きだ。右手に手綱、左手にお盆、お盆の上には白飯味噌汁そして牛乳。すっげえ。

思うことは多々あれど、僕はこの山小屋で主菜たるこの皿の中につくね三本を入れる仕事をしている。思うことは多々あれど。

おっさんはある意味一番大事な仕事だと言って肩をたたいてくれたが、一体なんの嫌がらせだろう。つくね入れる前に皿を積むな。もう少し効率を考えろ。いっそのこと全部ひっくり返してやろうかいや、夢の中でも食べ物を粗末にしてはならないだろう、など思考模様も様々である。全自動つくね投入機と化した両手はその名に劣らぬ機械的な動きでつくねを添えていく。自分の背より高い位置の皿は最初から放置するプログラムを組んだので仕事量はまあまあ少ない。隙あらばサボる精神はときとして命をも左右すると本気で思う。

一通り作業を終えた(終わってない)ところで休憩するはずだったが、おっさんが話しかけてきたので素直に聞き上手になることにした。語られるは昔話。表示された映像を日本昔ばなし風に書きおこしてみようか。

 

〜〜〜〜〜

 

白馬と少年

むかしむかし、あるところに、少年と白馬が暮らしておった。少年と白馬はたいそう仲がよく、なにをするにも一緒だったそうな。

ある日、少年と白馬はいつものように給食を取りに山を登っていたそうな。山道は険しい上にぬかるんでいたので、足を滑らせぬよう注意しながら進んでいく。

しばらくすると目的地である山小屋が見えてきた。谷に掛けられた橋を渡ればあと少しである。

しかし、そこで気が緩んだのが運の尽き。馬が足を滑らせ、バランスを崩す。無慈悲に働く重力に逆らえるはずもなく、少年と白馬は谷底に落ちてしまいました。

 

 

どれほどの時間がたったでしょう。少年は目を覚まし、白馬もほぼ同時に目を覚ましました。奇跡的にお互い無傷であり、胸をなでおろそうとしたそのとき、両者の目に映ったのは、無残な姿をした給食でした。

給食だったはずの残骸を見ながら、少年と白馬はいつまでもいつまでも、おいおい泣いておりましたとさ。

 

 〜〜〜〜〜

 

おっさんは話終わると、悲しそうに俯いた。僕も俯いた。否、頭を抱えた。

とても悲しい物語だろうし、悲しむべきなのだろう。しかし、少年と白馬でさえ無意識に成功させていた着地を物語そのものが大失敗していないだろうか。少なくとも、その、つづきがあるべきだろう。泣いて終わらせて悲劇を作るには無理があるだろう。頭に浮かび上がるクエスチョンマークをモグラ叩きのごとく潰していっても倍の速度でまた浮かび上がる。要は処理できていないのだ。そもそもこの昔話はなんの教訓を以て後世に語り継がれてきたのか。感想を求められたときに何を答えれば模範解答もしくは及第点なのか。やはり食べ物の大切さか。なら少年と白馬なんて登場させないほうが賢明だろうなんで余計な情報を追加した。そもそも白馬ってなんだやたら強調されていたが普通に馬でいいだろ。まて、なんでこんなに頭を働かせているんだ。

 

いよいよオーバーフローが近づいてきたとき、おっさんが顔を上げた。いかん。この際なんでもいいから言葉を・・・出てこい言葉!

僕はある種の決意を抱き、顔を上げ、口を開いた。

 

 

 

 

夢はここで途切れている。

 

新しく始めたことって最初のうちだけは毎日するよね

三日坊主パターンである。

 

昨日始めたしょっぱなから書く事がないと宣っておきながらノープランで記事を書くこの体たらく。

多分明日も記事を書いて2、3日あけてまた記事を書き、次は1週間あけてから記事を書き、そしてある日を境に更新が滞る。三日坊主は自覚したところでどうにもならない主にクズ人間がかかる病気である。悲しき。

 

いっそ日記らしく無理やり毎日書いたほうがいいのかもしれないが、あたまゆるゆるな生活を送ってきた手前、ほぼ確実に目も当てられない内容の連投になるだろう。

 

 

○月×日△曜日  晴れ

 

  の

    し

      い

 

 

多分これの繰り返しになる。何が楽しいんだ社畜の日記か?

心が荒んでいくのが目に見える。鬱になって絶対に自分から命を絶つだろう。

 

 

ここまで書いて思いついたが、夢日記でも認めてみようか。

去年、唐突に明晰夢が見たくなって友人に相談したところ、夢の内容を書き起せとのアドバイスをもらった。

それまで感じていた懸念が

「夢と現実の区別がつかなくなりそう」

だったが、アドバイスを聞いたあとは

「夢の中で夢日記書き始めたら終わりじゃね?」

になった。被害妄想ご苦労さまです。だが怖いもの怖い(明晰夢自体好き勝手やってたら境界線が曖昧になりそうな恐ろしそうな代物である)

 

迷った挙句に自分がとった行動は

ツイート感覚で友人のダイレクトメッセージに送信する。

 

迷惑極まりないことだ。不定期に送られてくる意味不明なショートショートに友人は何を思ったのだろう。感想リプライの裏で何を感じていたのだろう。思うところは尽きないけれど、ブログという媒体を手に入れた以上、こちらに記録していったほうがいいだろう。うんそうしよう。記事のかさ増しにはちょうどいい。

 

とりあえず夢の内容も書いていくということで。

ぶっちゃけ書くことがない

遥か昔、僕はブログを書いていた。

自分の文章が世界に発信されるという漠然としたイメージにワクワクしながら、マサラタウンのような文章を書き連ねていた。

 

しばらく時が経つと、Myマサラタウンの存在がとても恥ずかしくなった。

中二病が治って高二病になっただけなのだが、とりあえず黒歴史を抱える羽目になった当時の僕は、タウンを更地にするため奮戦していた。奮戦といってもただログインパスワードを忘れただけなのだが。

 

つい最近、パスワードを発見すかさずログイン記事削除達成。

かつての黒歴史栄華は露知らず、

晴れてマッサラタウンとなったのである。

 

さて、壁や柱に頭を打ち付ける生活の終わりーーある種のセカオワを達成した僕が次にとる行動とは?

 

 

当然

 

 

ブログをはじめる

 

 

 

そう。

全く成長していない。

 

再び紡がれる(黒)歴史、消される軌跡、また新しく築かれる白歴史・・・

私はここに輪廻をみた...

 

 

?????

 

 

正直なにを言いたいかわからない。

最初の記事くらい濃い内容にしたかったのに結局内容が無いよう助けて衛門~~になってしまったわけだ。

 

まあ

 

とりあえず

 

 

ここにマサラタウンを建てよう